task02
【 研究内容 】
task02N₂O循環
01 根粒共生を利用したN₂O無害化再資源化技術の確立
根粒菌とマメ科植物による「根粒共生」は、空気中の窒素を固定してマメ科植物の栄養とすることができる反面、植物収穫期にN₂Oを放出することが知られています。本課題では、① N₂O無害化能力の高い根粒菌の探索及び無害化能力向上技術の確立、② 根粒菌・マメ科植物双方の根粒共生を制御する因子の機能解明と最適化、により、「N₂O無害化根粒菌が優先的に共生する根粒共生系」を確立し、N₂Oを削減します。
2021年度
 
02 畑地および水田由来のN₂Oの無害化・資源化
作物根に共生あるいは高親和性を示すN₂O無害化・固定細菌を探索・活用するとともに畑土壌の窒素循環微生物群集の機能解明を行い、畑地由来のN₂Oの無害化・資源化技術を確立する。また、水田土壌のN₂O固定細菌およびN₂O固定細菌コンソーシアムと それらのN₂O固定能の増強要因を明らかにして、水田由来のN₂Oの資源化技術ならびに水田のN₂Oシンクとしての利用技術の基盤とする。
2021年度
 
02 土壌環境の最適化によるN₂O無害化・資源化評価栽培システムの構築
本課題では、環境制御可能な土壌チャンバーを備えたライブイメージングシステムを構築して、土壌内部における微生物・植物相互作用の可視化解析に基づき、N₂O無害化・資源化微生物の定着及びそれらのN₂O無害化・資源化活性を評価する栽培システムを確立する。この栽培システムを用いて、課題⒉および課題⒋と共同で、本申請課題で確立するN₂O、CH₄無害化微生物の実用化のための最適利用条件を明らかにする。
2021年度